高齢者や障がい者でもできる金融被害対策

おれおれ詐欺

高齢者や障がい者でもできる金融被害対策 header image 2

消費生活センターや社会福祉協議会など相談できる場所を知る

2014年04月14日 · コメント(0) · 未分類

障がい者の方はなかなか金融に対する知識を得にくく、
適切な資金計画を立てづらいものです。

そしてお金の引き出しや年金の受け取りなど、
実際のお金の管理も困難な場合が多いものです。

そんな時に是非利用したいのが各市町村にある社会福祉協議会です。

金融面の不安や生活資金についての様々な相談にのってくれ、
必要な場合は具体的な対策を実行してくれるのです。

社会福祉協議会では、障がい者の生活に詳しい相談員が在籍しており、
金融関係の様々な相談に応じています。

金銭管理にまつわる困り事やライフプランに沿った資金計画について、
行政からの援助利用も含めて分かりやすく教えてくれます。

さらに必要であれば、障がい者向けの生活資金貸付けも行ってくれます。

もちろん返済計画も含めて相談員と話し合う必要はありますが、
一般の融資に比べ利率も低く非常に利用しやすい良心的な貸付けなのです。

また各県にある消費生活センターでは、障がい者の多重債務に対する相談も
受け付けています。

解決に向けて具体的なアドバイスをもらえたり、必要に応じて弁護士を紹介してもらえ、
心の負担が軽くなるように動いてくれるのです。

障がい者の方でお金についての問題を抱えてしまったり、今後のマネープランに不安を持っているなら、
このような公的機関を積極的に利用することで金融面の知識が身に付くのです。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。