高齢者や障がい者でもできる金融被害対策

おれおれ詐欺

高齢者や障がい者でもできる金融被害対策 header image 2

障がい者の人が金融知識を身につけるには

2014年04月14日 · コメント(0) · 未分類

障がいの有無にかかわらず、誰もが地域の中でいきいきと暮らせる世の中を目指すというノーマライゼーションの考え方が進んだ現在では、障がい者は弱者としてではなく、自立した個人として積極的に社会に参画することが期待されています。

資産運用はそうした自立生活を続ける上でもたいへん重要ですが、現在は「自己責任の時代」といわれ、多様な金融商品の中からニーズに合ったものを選択する判断力が必要とされており、これは障がいがあったとしても例外ではありません。

法律や制度の上ではさまざまな優遇措置があり、金融商品に関して言えば、預貯金の利息が一定限度で非課税になる障害者マル優制度、贈与税が非課税になる特定贈与信託があるほか、生活上の資金需要に対応した低利の生活福祉資金貸付制度などもあります。

また、保護者に万一のことがあった場合に備え、民間の保険商品に代えて、心身障害者扶養保険共済制度も活用できます。

さらに、障がいによる判断力低下につけ込んだ詐欺商法などの被害を未然に防ぐ上では、本人に代わって財産保護を行う成年後見制度や、日常生活費の管理を支援する日常生活自立支援事業の活用も想定されます。

こうした法律・制度に関する情報は、福祉事務所や社会福祉協議会、消費生活センターなどが主催する各種の講演会・セミナーなどで得られることが多く、積極的に参加することが望まれます。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。