高齢者や障がい者でもできる金融被害対策

おれおれ詐欺

高齢者や障がい者でもできる金融被害対策 header image 2

高齢の人が金融知識を身につけるには

2014年03月13日 · コメント(0) · 未分類

日本の社会は団塊の世代が退職年齢を迎え、本格的な超高齢化社会に入りました。
同時に、これらの方を狙った詐欺商法が横行しています。

平均寿命の伸びは明るい老後を予感させてくれますが、同時に長生きに対する不安を生み出しています。

詐欺商法は、そんなお年寄りの不安を敏感に察して、お金を奪い取っているのです。

今更、これらのお年寄りに、正しい投資の勉強をして下さいというのも酷な気もしますが、正しいお金の知識、金融知識を身に付けることは必要です。

お年寄りはお金を持っていて、富裕層だと言われながらも、老後の不安から、同時に生活を切り詰めているのです。
正しいお金の知識を持っていない高齢者は詐欺商法の絶好のターゲットになっており、詐欺商法の被害に遭うことにより、老後の不安を増大させています。

安心した老後を迎えるためには、詐欺商法に遭わない事であり、年金の管理をしっかりとすることです。

今更、年金が増えるということは考えられませんが、其の年金の範囲内で生活を心がけていくことです。

お金は化け物です、お金はお金を呼んできて、増やすことも出来ますが、減らすこともあるのです。

足腰が弱くなってくると、日常生活も不自由になってくるように、正しいお金の知識の無い方が、お金を旅に出すのは危険なのです。

 

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。