高齢者や障がい者でもできる金融被害対策

おれおれ詐欺

高齢者や障がい者でもできる金融被害対策 header image 2

障がい者の保険料免除など有利な金融商品について知る

2014年04月14日 · コメント(0) · 未分類

病気や事故により心身に障がいを負うと、通常の会社勤務が困難になるなど収入の手段が限定され、治療や通院のための負担も生活に重くのしかかります。経済的な苦境に陥らないためにも、法令や約款に基づき障がい者の資産形成のために有利な取扱いを定めている金融商品について、事前に十分な知識を身につけておくことが大切です。
例えば、一般的な生命保険では、保険に加入している被保険者が不慮の事故に遭い、事故の日を含めて180日以内に一定以上の障がい状態になると、それ以後の保険料の支払いが免除されます。

また、障害者等に対する少額貯蓄非課税制度、通称「障害者マル優制度」とよばれるものがあります。

身体障害者手帳の交付を受けている人や障害年金の受給者などを対象に、元本の合計額が1人あたり350万円の範囲内で、預貯金や一定の有価証券についての利子を非課税とする制度です。

なお、1人350万円の枠内であれば、複数の金融機関に分けて利用することも可能です。

さらに、「障害者非課税信託」の活用も挙げられます。

障がい者の親族が金銭や有価証券、不動産などの財産を信託銀行に信託し、信託銀行がその財産を管理・運用することにより、障がい者本人に定期的に金銭が支払われ、生活費や医療費なとに充てることができるしくみのことです。この制度を活用すれば、3,000万円(重度の場合は6,000万円)を限度とする贈与税の非課税措置が受けられます。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。