高齢者や障がい者でもできる金融被害対策

おれおれ詐欺

高齢者や障がい者でもできる金融被害対策 header image 3

高齢者や障がい者でもできる金融被害対策

高齢者などに電話で作り話などで詐欺を行ういわゆるおれおれ詐欺などが流行しています。あの手この手を使って、いかにだまして振込みや現金を持ってこさせるか、手が込んでいることであっさりとだまされてしまう人があとを立ちません。
ではだまされないようにするにはどうすればよいのかですが、慌てて受け答えをすると相手の思う壺なので、まずはいったん落ち着いて同居している家族などに連絡をしてみるのがよいでしょう。

 

もしそういった身内に連絡が取れなければ、警察署などに電話をしてこういう連絡があったのだけど詐欺とかじゃないかなど相談してみるのも手です。
一番大切なことは慌てて相手のペースに乗せられて、相手の話のペースに乗せられてそのまま物事を進めてしまうことです。まずは家族や警察などに相談してワンクッションおくことが大切でしょう。

 

こういった詐欺の根絶を図るためには、学校教育がまともに行われていないがために若い世代の人間が訳の分からないままその悪事の片棒を担いでいる、アルバイト感覚で行っている現状があります。教育現場に警察などをもっと送って、しっかりとそういった犯罪行為の片棒を担ぐことがないように、しっかりとした人間教育が必要です。